前へ
次へ

高齢化の時代で葬儀の形にも変化が

お葬式の形に大きな変化を感じる時代になりました。
一般葬と言われる多くの人が参列する葬儀ではなく、家族だけとか、ごく身近な人だけを呼んでの葬儀を行うようになって来ています。
その理由には、大家族主義の時代も終わり、一家族で一家をなすと言う形態が多くなったことが考えられます。
加えて亡くなれる方の年齢が非常に高くなったことも、人数の少ない葬儀となっていると言われます。
男性の場合でも仕事を離れ、お付き合いする人間関係が極端に少なくなってしまうと言ったことも、多くの人が参列する葬儀を行うことがなくなったと思われます。
更には、両親と違う場所に住むことが多く、葬儀に時間をかけることが出来ない場合もあります。
そのため、直葬と言った、通夜や葬儀を行うことなく、直接火葬を行うまでになって来ているのです。
また、亡くなる前に葬儀の負担を考え、残される家族にごく少数で行う家族葬を希望する人も多くなっているのです。
そこには、高額になってしまった葬儀を費用を心配することなく、家族だけで行うことで余計な手配をする必要もなくなると言った心使いも出て来る時代となっているのです。
高齢化と言う時代になり、隣近所とのお付き合いも少なくなったことから、少人数で行う葬儀が歓迎される時代になったと言えるのでしょう。

Page Top