前へ
次へ

お葬式参列時にはお気に入りでも香水はつけないこと

メイクにファッションなど女性は常に自分を美しく見せることに余念がありませんし、肌や洋服を意識するだけではなく香りにもこだわります。
自分好みの香水を持っている人であれば、それがある種のトレードマークのようになるので、お出かけ前には香水をつけないと落ち着きません。
しかしTPOをわきまえる必要があるのも香りであり、自分にとってはベストな心地よさがあっても、大勢の人が集まる場所では迷惑となることもあります。
特にお葬式のシーンでは同年代の人だけが集まるわけではなく、実に幅広い年代の人がお通夜や葬儀に告別式にも参列をすることを忘れてはいけません。
若い世代であれば好みの香りもファッションのうちと受け入れることが出来ても、世代が違うだけでも香水に対してお葬式などでは、良い顔をしない人も出てきます。
そもそも香水の匂い自体が苦手な人もいますし、大勢の人が参列をするからこそ、周囲の人への気配りもしなければなりません。
結婚式であれば控えめに使っても、お葬式参列時には基本的に香水は使わない方が無難です。

Page Top