前へ
次へ

お葬式にかかる費用は大きく分けると3つ

参列をする機会は大人になれば増えるお葬式ですが、出す側となって実際に関わらなければ、お葬式を出すために費用相場などは知る機会もありません。
時代によっても葬儀にかかる平均相場には違いがありますが、およそ200万円前後が一般的な目安となっており、費用相場として低く見積もっても100万円前後はかかります。
お葬式にかかる費用をカテゴリー分けしたときに、大きく3つに分けて考えることが出来ますが、まずはお葬式にかかる一式の費用です。
人件費も含まれる個の費用には、遺体の搬送や祭壇に棺や葬儀設備に必要なものなど全てが含まれます。
葬儀を出すにあたりこのカテゴリーは、全体から見ても費用の半分以上はここです。
お通夜の後の料理やお葬式後のもてなしの料理など、香典返しのお金も含むのが飲食接待費用になります。
3つ目は僧侶へ渡す読径や戒名料の、寺院費用も掛かりますので、お寺側が金額を提示するケースが多いものの、このお金の準備もしておかなければなりません。

Page Top