前へ
次へ

無地で黒か白のハンカチをお葬式には持っていく

お通夜やお葬式といった弔事の際には持ち物として、バッグの中やポケットにハンカチを持っていきます。
誰もが悲しみの中にありますので、零れ落ちる涙をぬぐうためにも必要ですし、手を拭いたりと何かと重宝をしますが、ハンカチにもお葬式ならではのマナーがあるので要注意です。
お葬式の際に持参をするハンカチに関しては、大きくてカラフルな派手なデザインやカラーではないこと、カジュアルすぎるものも不向きであり、これは男女ともに大佐はありません。
大人になれば必ず様々なつながりから、お通夜やお葬式参列の機会は訪れますので、喪服用小物の一つとして購入をしておいたり、冠婚葬祭用小物コーナーのあるデパートで用意をしておくことです。
男性であればシンプルな無地のハンカチであり、色は黒か白ですが両方あるなら、迷わず暗い色を選びます。
女性の場合もお葬式の時には、白か黒色の無地のハンカチですが、白よりも黒色の方が何かと目立ちにくいため便利です。

堺市立斎場での葬儀を追加料金0円で|シンキ倶楽部

家族葬 新潟

川崎のお手頃葬儀

Page Top