前へ
次へ

葬式に参列出来ない場合のお詫びの方法

故人を偲び、見送る場である葬式は出来るだけ参列するのが社会的なマナーです。
しかし何らかの理由で参列出来ない場合、遺族に対してお詫びと故人の死を悼む挨拶を送る必要があります。
その一方で挨拶を送るタイミングを誤ると遺族に迷惑をかけてしまうので注意が必要です。
従来は葬式に参列出来ないことが判明した時点で挨拶を送るのがマナーとされていましたが、現在では葬式を進行させる遺族に余計な手間をかけることから挨拶は葬式が終わった後に送るのが良いとされています。
また、特に親しい間柄でなければ葬式が終わってから挨拶と香典を送るだけでも失礼にはなりません。
花などのギフト用品はかさばるうえに個人の好みが分かれるので注意します。
深い付き合いがあった相手の場合、訪問して仏前に参るのが社会的なマナーです。
しかし、葬式が終わった後の遺族の生活サイクルを乱すのは失礼に当たるので、事前に連絡を付けて都合の良い日を確認するように努めます。

Page Top