前へ
次へ

宗教ごとに異なる供花の種類や贈り方

お葬式には供花がありますが、手配をする時には葬儀社への依頼をするか、花屋へ直接依頼をするなどの方法です。
故人のために供える花に事であり、親戚一同とか親族一同などの文字が書かれて、お葬式会場の祭壇の脇に置かれます。
一般的には故人と親しい間柄であったり、親族や遺族から供花は贈るものです。
親族の人が会社ごとや友人一同の名前で花を送るのを、あらかじめまとめていることもあるので、周囲の人間へまずは確認をします。
宗教によっても供花に関連するマナーは異なるので、お葬式のスタイルをお花を選ぶ前に確認です。
日本のスタンダードなお葬式スタイルは仏式であり、神式などもありますがこの時には、白い菊やユリに蘭の花をお悔やみの際には選びます。
キリスト教式の場合であれば、仏式ではよくある菊類は選ばず、カーネーションやユリなどがメインです。
自宅あてに贈るのがキリスト教式供花もスタンダードですから、バスケットに入れた運びやすい花にするケースが多いと言えます。

Page Top